夏休みのパート練習中。梓とあみかの依存関係が原因でトロンボーンパート内に亀裂が生じてしまう。

タイトル立華高校マーチングバンドへようこそ
巻数5巻目
発売日2016年8月4日
作者武田綾乃
出版社レーベル宝島社・宝島社文庫

収録内容

  • プロローグ
  • 一 暴走フォワードマーチ
  • 二 追憶トゥーザリア
  • 三 緊張スライドステップ
  • エピローグ

合宿を終えた立華高校吹奏楽部はコンクールに向けて、日々練習に励んでいた。夏休み期間中ということもあり、朝6時から夜10時までというハードスケジュール。

この日は合奏練習ではなくパート練習が割り当てられ、1年生だけで教室で練習をすることになった。初心者の名瀬あみかは経験者である佐々木梓にいつもようにアドバイスを求める。

名瀬あみか

梓ちゃん、教えてほしいとこがあるんだけど

佐々木梓

ん?どこ? あー、確かに難しいなあ。ちょっと待って、一緒に確認しよう

梓はあみかの苦手なところを確かめてから、そこを克服するための練習方法を的確に教えた。

佐々木梓

それがばっちりできるようになったら、楽譜のところでやってみたらええよ。

名瀬あみか

わかった、梓ちゃんありがとう!

するとそこに、同じトロンボーンパートの1年生である的場太一と戸川志保の2人が歩み寄ってきた。

佐々木梓

何?どうしたん?

的場太一

いやな、前からの言わなあかんと思ってたんやけどさ

的場太一

名瀬さ、いい加減に佐々木に頼んの、やめたほうがええと思う。

佐々木梓

なんで? うち、全然迷惑に思ってへんで?

太一から予想外の言葉を受け、動揺する梓とあみあ、梓は慌てて反論した。

太一と志保は以前からあみかが梓に依存しすぎている状況を快く思っておらず、意を決して直接伝えることにしたのだった。

的場太一

佐々木さあ、いつまで名瀬のこと初心者扱いしてんの?もう七月やぞ。お前はAのファーストやねんから、ちゃんとコンクールで結果出すよう頑張るのが義務やと思う。

佐々木梓

うちが頑張ってへんっていうわけ?

入部して間もない頃は初心者に手取り足取り教えてあげるのは悪いことではない。けれど、あみかが入部してからすでに3ヶ月。

いつまでも変わらない二人の関係性に不安を覚えていた二人は同じパートと同級生として、あみかが自立することを求めていた。

的場太一

お前はAのメンバーなんや。名瀬に教えるのは俺だってできる。お前は名瀬に時間を割く暇があったら、自分の練習すべきやろ

佐々木梓

だから、やってるやんか。うちはちゃんと自分のやるべきことやってからあみかに教えてる。文句言われる筋合いなんかない!

上級生を差し置いてAメンバーに選ばれた梓は、あみかの練習に付き合うよりも、コンクールに向けて練習に専念するべきだと主張する太一。

梓は、誰よりも努力し、自分の練習メニューをこなして上で、あみかに時間を割いているので何も問題はないと強く反論した。

名瀬あみか

私、梓ちゃんの迷惑かな?

佐々木梓

あみか、ほんまに気にせんでいいからね。うちならいつだって、あみかのために協力してあげるから

名瀬あみか

・・・・・・うん、わかった。梓ちゃん

戸川志保

あかんわ

二人のやり取りを聞いた志保はため息を漏らす。太一の説得も虚しく、二人の依存関係が変化することはなかった。

おわりに

コンクールで良い結果を残すため、梓があみかに時間を割くのは辞めるべきだと言う太一と志保。それに対して、ただ純粋にあみかの上達を願って練習に付き合う梓。正しいのは果たしてどちらなのでしょう。

前の記事
久美子・秀一世代が吹奏楽部に入部を決めた理由とは|響け!ユーフォニアム

久美子・緑輝・葉月・秀一たちが北宇治高校吹奏楽部へ入部した理由をまとめました。

次の記事
名瀬あみかが涙を浮かべて梓に打ち明けた自身の暗い過去とは?|立華高校マーチングバンド

深夜23時過ぎ。練習終わりの二人は宇治川沿いのベンチに並んで座る。あみかは隠し続けてきた中学時代の暗い過去を梓に語った。