緑輝に頭をナデナデされて喜ぶ求くんのシーンを集めました。

北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編

タイトル北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編
巻数8巻目
発売日2017年8月26日
作者武田綾乃
出版社レーベル宝島社・宝島社文庫

収録内容

  • プロローグ
  • 一 不穏なダ・カーポ
  • 二 孤独にマルカート
  • 三 嘘つきアッチェレランド
  • エピローグ

緑輝はよしよしと求の頭をなでた。

月永求

すみません、緑先輩の足を引っ張ってしまって

川島緑輝

べつに謝ることちゃうって。これから直していけばいいんやし。求くんは一人じゃないんやから、遠慮せんと緑を頼ってくれていいねんで

月永求

あ、ありがたいお言葉です!

忠犬よろしく、ぶんぶんと左右に振れるしっぽがいまにも見えそうだ。緑輝はよしよしと求の頭をなでた。

師匠と弟子の関係になって一日目のパート練習が始まった。求は演奏技術の差に引け目を感じていたが、緑輝に慰められる。

北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編

タイトル北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編
巻数9巻目
発売日2017年10月5日
作者武田綾乃
出版社レーベル宝島社・宝島社文庫

収録内容

  • プロローグ
  • 一 憧憬にアウフタクト
  • 二 独白とタチェット
  • 三 彼女のソノリテ
  • 四 未来へのフェルマータ
  • エピローグ

緑輝の手が、求の頭を優しくなでる。

川島緑輝

求くんも今日はお疲れ様やったね。手、痛くない?

月永求

いえ、全然。むしろ緑先輩の足を引っ張ってしまって申し訳なかったです。僕、注意されてばかりでしたし

川島緑輝

でも、指摘を受けた分、上手くもなったよ。えらいえらい。

緑輝の手が、求の頭を優しくなでる。照れたように求が目を伏せた。

合宿初日の夕食、低音パートごとに席について今日の練習を振り返る緑輝と求。緑輝は求のことを褒め、気遣い、師弟というよりもはや親子のような関係。

北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編

タイトル北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編
巻数11巻目
発売日2019年5月1日
作者武田綾乃
出版社レーベル宝島社・宝島社文庫

収録内容

  • プロローグ
  • 一 あの子のユーフォニアム
  • 二 秘密とフェスティバル
  • 三 戸惑いオーディション
  • エピローグ

犬のように頭をなでる緑輝に、求はなすがままにされている。

加藤葉月

求、今年はめっちゃやる気やん

月永求

今年は緑先輩と一緒に本番に出られる最後の年なので、一度でもその機会を失いたくないだけです

川島緑輝

一度でも?

月永求

今年は大会ごとにオーディションがあるので。少しでも上達したいと思ってて

川島緑輝

求くん偉い!さすがは緑の一番弟子!

月永求

ありがとうございます!

犬のように頭をなでる緑輝に、求はなすがままにされている。

上石弥生

何を見せられとるんや

パート練習の教室での会話。休憩時間が終わってることを指摘した求に葉月が声をかける。上級生同士のあけっぴろげな関係を見せられ、一年生は顔を引きつらせた。

前の記事
佐々木梓が名瀬あみかの靴紐を結ばなくなった理由|立華高校マーチングバンド

あみかの靴紐がほどけていると代わりに結んであげていた梓だったが、8月の合宿で志保から言われた言葉を境にして関わり方が変わっていく。

次の記事
緑輝が聖女から北宇治に進路を変えた理由|響け!ユーフォニアム

川島緑輝がエスカレーター式の私立聖女中等学校から公立の北宇治高校に入学を決めたきっかけ。