黄前久美子が剣崎梨々花とファミレスに行き、初めて二人きりで話したときのシーン。

タイトル北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編
巻数8巻目
発売日2017年8月26日
作者武田綾乃
出版社レーベル宝島社・宝島社文庫

収録内容

  • プロローグ
  • 一 不穏なダ・カーポ
  • 二 孤独にマルカート
  • 三 嘘つきアッチェレランド
  • エピローグ

黄前久美子と剣崎梨々花の二人はイタリア料理のファミレスに来ていた。

鈴木美玲と仲良くしてほしいと奏に頼んだ久美子は、その交換条件として梨々花の相談相手になってほしいと頼まれていた。

剣崎梨々花

今日はこうしてわざわざ時間作ってもらって、とってもうれしいです。ありがとうございまーす!

黄前久美子

いやあ、まあ、それはいいんだけどね

パートも学年も異なる二人がちゃんと話すのはこれが初めてだった。

久美子はオムライスを、梨々花はチーズドリアを注文する。

胸まで伸びた髪は緩やかに螺旋を描き、その前髪は無造作に後ろへとまとめられている。

ブラウンに近い色味のせいか、一見するとパーマを当てたようにしか見えない髪は、生まれつきのものらしい。

目、鼻、口。それぞれのパーツは際立って整っているとは言えないが、全体的な配置の絶妙なバランスが彼女を美少女に仕立て上げていた。

ドリアを美味しそうに食べる後輩を見て可愛らしいという印象を受けた。

黄前久美子

剣崎さんは、奏ちゃんと仲いいの?

剣崎梨々花

えー剣崎さんなんて、気を遣わないでくださいよー。私のことは、梨々花でいいですよ。それか、リリリンでもOKでーす

黄前久美子

あ、うん。・・・・・・じゃあ、梨々花ちゃんって呼ばせてもらうね。

いきなり「リリリン」というあだ名で呼ぶことを許可された久美子だったが、さすがに距離が近すぎると感じ、悩んだ末「梨々花ちゃん」に決めた。

前の記事
感動・名言シーン 3選:北宇治高校吹奏楽部のホントの話|響け!ユーフォニアム

小説『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話』から名シーンを3つ紹介します。シリーズ10作目となる短編集。

次の記事
新入部員へのユーフォニアム紹介 3世代比較|響け!ユーフォニアム

あすか、久美子、奏の3人は「ユーフォニアム」というマイナーな楽器を新入部員にどのように説明したのか。