南中学校出身の仲良し四人組:釜屋すずめ・針谷佳穂・上石弥生・義井沙里の担当楽器と選んだ理由。

タイトル北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編
巻数11巻目
発売日2019年5月1日
作者武田綾乃
出版社レーベル宝島社・宝島社文庫

収録内容

  • プロローグ
  • 一 あの子のユーフォニアム
  • 二 秘密とフェスティバル
  • 三 戸惑いオーディション
  • エピローグ

義井沙里:クラリネット

体験入部期間の一日目。南中出身の仲良し四人組は低音パートの見学にやってきた。

義井沙里

あの、いちおう言っておくと、私は低音パートを希望してるわけじゃないんです

釜屋すずめ

ええっ

上石弥生

ええっ

針谷佳穂

ええっ

釜屋すずめ

嘘やん。サリーも一緒にちゃうの?

義井沙里

私は中学からずっとクラリネットやし、マイ楽器も持ってるから。今日は三人にオススメするために低音パートに来てん。

義井沙里ことサリーは、唯一の吹奏楽経験者で中学ではクラリネットを担当していた。

高校でも引き続きクラリネットを希望するため、低音パートには他の三人の付き添いで来ていた。

サリーは一学年上で同じ南中出身の鈴木美玲にも名前を覚えられていて、かなりの実力者らしい。

釜屋すずめ:チューバ

上石弥生:チューバ

針谷佳穂:ユーフォニアム

四月の第二週の金曜日。体験入部期間が終了し、正式な入部希望者が音楽室に集まった。

楽器紹介のあと、楽器決めが行われ楽器が確定したら部長のもとに報告にすることになっている。

黄前久美子

じゃあすずめちゃんから。なんの楽器になったの?

釜屋すずめ

チューバです!あと、弥生とチューバになりました。弥生はユーフォ希望だったんですけど、じゃんけんに負けちゃって

黄前久美子

ってことは、佳穂ちゃんがユーフォニアム?

針谷佳穂

そうです。よろしくお願いします

ユーフォニアムは針谷佳穂と上石弥佳の二人が希望していたが、じゃんけんで勝利した佳穂がユーフォ、弥生がチューバになった。

チューバは後藤卓也と長瀬梨子、二人のチューバ奏者が卒業してしまったため、滝先生の方針により最低二人募集していた。

はじめからチューバ希望だったすずめと弥生で無事二人を確保できた。

前の記事
南中カルテットの恋人事情・恋愛観|響け!ユーフォニアム

部活を引退し、高校卒業を控える南中カルテット。カフェで繰り広げる4人の恋愛トークからそれぞれの恋愛観をまとめました。

次の記事
川島緑輝の名言|響け!ユーフォニアム

北宇治高校吹奏楽部のコントラバス奏者、川島輝緑の名言まとめ。